シアワセを引き寄せる人生の歩き方*

幸せを感じながら生きる為のヒント

二人で過ごした過去生①

二人で修行している

過去生があるかと思ったら…

 

裕福な家庭で育っているカレ

その家の使用人として働いているわたし

年齢は同じ位

バランスの取れた人格者であり

使用人にも気配りが出来ていたヒト

勝手に目がハートのわたし

実は両思いだったみたい…

想いを告げる事なく人生を終える

身分の差がない時代に生まれて

出会いたいと思った

・・・・・・・・・・・・

モンゴルの遊牧民

兄と妹

可愛がって貰ってたし

大好きなお兄ちゃんの後ろを

ずーっと付いて歩いてる

いつも一緒

ずっと二人でいられると思っていたけど

わたしは家族の勧めで結婚

時代もあって、わたしは普通に受け入れてる

カレは相当、涙した

↑ ただ大切に想われてる、見守られてる、愛されてる感覚…側にいると安心する。

そして、少し離れた場所から背中を見てるのが大好きなのは、この頃の記憶

・・・・・・・・・・・・

ヨーロッパで男友達

 優秀なわたしと学習障害が少しあるカレ

一緒に居ると安心する

気の合う友人

留学が決まり、寂しかったけど快く送り出してくれたカレ…その後、カレは事故死。

↑多分これが、今に関連する最後に出会った過去生。 今世での出会いのタイミングが象徴されている…

 

共通の出来事として、お互いに大切に想いあっているのに成就しない私達… 

そして、格差や差別を超えて、大切に想い合う学びを、ずーっとしてるんだと思う。

無償の愛を表現する為に…

 

今のわたしは、全てのヒトは対等であると、思っていて、ジブンのコドモや親に対しても想いは一緒。

学ぶべきところは学び、助けを求められれば手伝う。お互いに、ヒトとして尊重出来ていれば、オールOK。

職場の先輩や上司に対しても、同じ。

生意気に感じているヒトもいるかもしれない💧